Pall Corporation

ウイスキー製造 :

チルフィルタードか?ノンチルフィルタードか?

ウェビナー詳細

時間:
60分間

内容

蒸留酒には、その原料や熟成用の樽に由来するさまざまな物質が含まいます。具体的にはフーゼル油、脂肪酸エステルなどです。これらが含まれるウイスキーに水を加えると、水に溶けない化合物がミセルを形成し、チルヘイズとして知られる濁りが発生します。

このチルヘイズはウイスキーなどのブラウンスピリッツによく見られる現象です。クリアなスピリッツを求める消費者の要望に応え、ボトリング後のチルヘイズの形成を防ぐために、ブラウン・スピリッツの大半は、スピリッツを0℃以下に冷やすプロセスを経ています。この工程によりチルヘイズが形成され、製造工程の中でも重要な工程の一つであるろ過により取り除くことができます。

本セミナー「ウイスキーの製造:冷却ろ過か?非冷却ろ過か?」では、 次のようなことを学べます。

  1. チルヘイズの原因とその成分
  2. チルヘイズ除去の進化
  3. 冷却せずにチルヘイズを除去する方法

講師

  • 講師:

    木村 剛凡

    日本ポール株式会社
    食品事業部 応用技術研究所

  • Speaker:

    Daniel Gerhards

    Sales Specialist, GeneDisc® Food and Beverage Applications
    Pall Corporation

  • Speaker:

    Vincent Ulvé

    Global Product Manager, Food & Beverage
    Pall Corporation

  • Moderator:

    David Johnson

    Pall Biotech
    Senior Global Product Manager, Continuous Purification

ウェビナーに参加する